×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

100万円からの外国為替の増やし方(TOP)おもしろ・役立ちサイトご紹介>脱税でっち上げ自ら納付=国税調査官を送検、懲戒免職−広島

脱税でっち上げ自ら納付=国税調査官を送検、懲戒免職−広島

 税務署員が自らの昇級のために脱税事件を捏造したようです。しかも課税金は自ら納付していららしい…。
 正しく税務申告しているのに、脱税をねつ造されたらたまりませんな。ばれないように自分で33万円も納付しているようですが、お金を払ってまで昇級したかったのでしょうね。そんな人が調査官だったらイヤだなあ。巻き込まれたくないものです。 困ったお人ですね。懲戒免職処分されて一安心です。 …この人、納付した33万円は返してもらったのでしょうか?  (08/05/27)


脱税でっち上げ自ら納付=国税調査官を送検、懲戒免職−広島


 広島市の会社が脱税したと見せ掛け、必要のない重加算税を賦課するなどしたとして、広島派遣国税庁監察官は14日、虚偽公文書作成、同行使の疑いで、広島国税局調査官(31)を広島地検に書類送検した。
 同国税局は同日、調査官を懲戒免職処分とし、当時の上司を減給10分の1(3カ月)とした。調査官は「(実績を出せば)自分の立場が上がると思った」と話しているという。
 調べによると、調査官は2006年12月から昨年6月の間、広島市の5社に対し、法人税の重加算税賦課決定通知書や源泉所得税の納税通知書を偽造して送った疑い。
 調査官はその後、「誤送付だった」と通知書を回収する一方、重加算税などとして約33万円を自分で納付していた。

 

時事ドットコムより引用